体や心の機能を保つ睡眠が不足する事は危険

電子タバコも活用して禁煙までもう少し

一昨年辺りから禁煙に挑戦していて、最近は禁煙までもう少しという段階にまで来ました。
私の禁煙までの挑戦は、かなり細かく段階を踏んでいくものです。
始めは吸う本数を減らし、次に軽いタバコに移行、そしてまた吸う本数を減らすという方法を繰り返すことになります。
以前、いきなり吸わなくする禁煙を試して失敗した経験から、少しずつ減らす方向にしました。
ニコチンパッチやニコチンガムと電子タバコの違い
最近ではほとんど吸いたいという衝動も起きずに、どうしても吸いたい時は電子タバコをくわえている状態です。
まだ完全に禁煙には至っていないので、あと一歩という所なのでしょう。
しかし、電子タバコは素晴らしい製品ですね。
水蒸気が出るので、本当に吸っているような気がします。
体がニコチンをそれほど必要としていない今の状態だからこそ、電子タバコが役に立っているのでしょう。
今は禁煙に成功しても、水蒸気の電子タバコならば吸っていても良い気がしています。
口が寂しくなることもなく、脳がタバコを吸っていると錯覚するので、リラックス効果も期待できるはずです。
こうなると何だか電子タバコ依存になったような気さえしますね。